レーシック以前の主流手術

PRKとはレーシック登場以前に主流だった視力矯正手術です。角膜厚の正確な測定については同じです。レーシックとの最大の違いはフラップを作らないという点です。つまり角膜の表面に直接レーザー光線を当てることになります。

格闘家に向いています

格闘技をやっている方は眼に強い衝撃を受ける可能性があります。そのためフラップがずれるという可能性があるので、フラップを作成しないPRKやエピレーシックが向いているのです。

PRK手術について

角膜の断面を拡大して考えます。全体の厚さは平均すると520μくらいですが、表面には約50μの角膜上皮層があります。この部分には痛みを感じる神経がたくさんあります。コンタクトレンズで傷をつけたことがある方でしたらお分かりのことと思いますが、しみるような痛みが強くでるのはこのためです。

レーシックでフラップを作るのは角膜上皮に直接レーザーを当てたくないからです。角膜上皮層をまずレーザーで削ります。正しくは蒸散といいます。組織をレーザー光線のエネルギーで蒸発させるようにして散らす、という意味です。

その後に、その下にある角膜の組織をさらに蒸散させます。近視が強い方の場合、120μ以上にもなることがあります。(蒸散させた残りの角膜の厚さは、再生した上皮を含め、400μ以下にすることはできません。)

角膜上皮は直径約8ミリの大きさで蒸散させます。しかし上皮は約3日で再生し、角膜を綺麗に覆ってくれます。この間は視力は十分ではありませんので細かい文字などはよく見えません。また、麻酔が切れるとしみるような痛みが出てきます。

手術後は角膜を保護するためにコンタクトレンズを装用します。一定期間後(およそ1週間ほど)に上皮の再生を確認し医師がコンタクトレンズを外します。

品川近視クリニック
数多くの症例数を誇る日本屈指のクリニック。症例数5万以上のドクターが多数在籍しています。
検査予約はこちら
品川近視クリニック
新宿近視クリニック
人気が高い新宿近視クリニック。加藤夏希さんがレーシック治療を行ったことで有名です。
検査予約はこちら
SBC新宿近視クリニック
神戸神奈川アイクリニック
アイレーシック国内症例数No.1。芸能人など著名人の多くが来院。保証充実で安心。
検査予約はこちら
神戸神奈川アイクリニック