治療について学ぼう

芸能人やスポーツ選手など著名人を始め、多くの方が体験しているといわれるレーシック。その仕組みはエキシマレーザーというレーザーを照射して角膜の形状を変えて屈折力を矯正します。

視力手術について

矯正器具(メガネやコンタクトレンズなど)を使わずに視力が回復できるということが視力手術であるレーシックの最大のメリットです。

視力矯正手術の歴史

レーシックは2000年に厚生労働省が認可したことで広まりました。まだ10年ほどの歴史ではありますが、視力手術自体は1800年代後半から発送があったといいます。

PR手術とは

日本で初めての近視矯正手術は1939年に佐藤勉教授(順天堂大学)が行った角膜後面切開法(佐藤式RK)という手術です。世界的に高い評価を受けるもまだ精度が高いとはいえませんでした。RK手術とは角膜の表面にダイヤモンドメスを放射状に切り込みを入れるという手術です。歴史もあり症例数も多いのですが、中程度までの近視しか矯正ができませんでした。

PRK手術とは

次に主流となるのがPRK手術です。ここからエキシマレーザーが登場してきます。角膜表面の角膜上皮をエキシマレーザーを照射して取り除き、角膜中心部にレーザーを照射します。フラップを作らないということがレーシックとの大きな違いです。そのため格闘技など激しいスポーツの方にむいていると今でも行われていますが、手術後に痛みがあるという傾向にあることが欠点といえます。

そしてレーシックへ

レーシックが初めて行われたのは1990年ギリシャです。その後1995年に米国FDA(食品医薬品局)による認可を受け普及していきました。日本での認可は2000年です。レーシックの最大の特徴は角膜にフラップというフタを作成することです。これまでの視力手術と比較して安全性と術後の回復力が飛躍的に向上しました。

まずは基本知識から

さらに詳しくレーシックについて説明します。

品川近視クリニック
数多くの症例数を誇る日本屈指のクリニック。症例数5万以上のドクターが多数在籍しています。
検査予約はこちら
品川近視クリニック
新宿近視クリニック
人気が高い新宿近視クリニック。加藤夏希さんがレーシック治療を行ったことで有名です。
検査予約はこちら
SBC新宿近視クリニック
神戸神奈川アイクリニック
アイレーシック国内症例数No.1。芸能人など著名人の多くが来院。保証充実で安心。
検査予約はこちら
神戸神奈川アイクリニック